STRICTLY SKATEBOARDING EST.1988

【国内・INFO】EMERICA : JAPAN TOUR 2018 が、10月に決定! 

THIS IS SKATEBOARDING の試写会から15年ぶりに、EMERICA (エメリカ) チームが10月5日に来日します。

来日するライダーは、ANDREW REYNOLDSを筆頭に、LEO ROMERO、JUSTIN FIGUEROA、COLLIN PROVOST、JON DICKSON、KEVIN LONG、ZACH ALLEN、VICTOR ACEVES、KEVIN BAKKELの9名に加え、カメラマンとして ATIBA JEFFERSON が予定されています。


 

EMERICA JAPAN TOUR 2018。

10月5日(金曜日) 19:00〜21:00
BEAMS 原宿 にて、SPANKY ARTSHOW “TANKS” レセプション パーティー。当日は、FREE DRINK を用意しております。
アートショーは 10日(水曜日)まで開催しています。

10月6日(土曜日) 16:00〜18:00
STORMYMORTAR にて、サイン会。

10月7日(日曜日) 13:00〜
SKIP FACTORY INSTANT にて、デモンストレーション。当日は、JAPAN ライダーも参加予定。

生の EMERICA TEAM を体感しに、お誘いあわせの上、是非ご来場ください!


 

EMERICA(エメリカ)は、1996年に始まったスケートボードシューズブランド。ETNIES、ES、の兄弟ブランドであり、全てを生産する SOLE TECHNOLOGY 社のスケートボーダーの為に進化し続ける技術が詰まってます。リアルで男臭いブランドイメージを崩す事なく常にシーンのトップを走り続けています。
日本のロックバンド、MAN WITH A MISSION(マンウィズアミッション)も愛用していることで、スケーターのみならず絶大な支持を得ています。
チームライダーは、ANDREW REYNOLDS、LEO ROMERO、COLLIN PROVOST、KEVIN SPANKY LONG、JUSTIN FIGUEROA、JON DICKSON、JEREMY LEABRES、ERICK WINKOWSKI、アマチュアライダーは、ROB MAATMAN、VICTOR ACEVES、KEVIN BAEKKEL、ZACH ALLEN。


 

EMERICA の代表的なビデオ作品
1997年 : YELLOW
2003年 : THIS IS SKATEBOARDING
2004年 : KIDS IN EMERICA
2007年 : WILD RIDE 2007
2008年 : EUROPE – WILD IN THE STREET
2010年 : STAY GOLD
2013年 : MADE CHAPTER ONE
2015年 : STAY FLARED
2016年 : MADE CHAPTER TWO
2017年 : YOUNG EMERICANS

1997年にリリースされた EMERICA のファーストビデオ “YELLOW”では、MARC JOHNSON、PHIL SHAO、CHRIS SENN などメインライダーとして出演し、ラストパートの JAMIE THOMAS がメイクした20段以上あるハンドレールでの 50-50グラインドは強烈なインパクトを与えた。


 

 

今回来日するスケーターを少し紹介しておきましょう。

THE BOSS こと ANDREW REYNOLDS ( アンドリュー・レイノルズ ) は、BAKER SKATEBOARDS ( ベイカー スケートボード ) のオーナーであり、1998年にスケーター オブ ザ イヤー を受賞した、ストリートスケート界のカリスマ的存在のひとり。現在40歳になるが、ストリートの帝王としての貫禄は今も健在。特にフロントサイド180 フリップは、REYNOLDS の十八番トリックとして有名。
スポンサーは、BAKER、INDEPENDENT、SPITFIRE、RVCA、STANCE、NIXON、EMERICA など。

 

LEO ROMERO ( レオ・ロメロ ) は、2010年に スケーター オブ ザ イヤー を受賞した、TOYMACHINE SKATEBOARDS ( トイマシーン スケートボード ) のプロスケーター。ストリートに固執するこだわり派として人気を博している。彼のシグネチャーモデルシューズ LACED は、EMERICA のベストセラーシューズとなり、ストリートスケーターたちの定番シューズともなっている。
スポンサーは、TOYMACHINE、INDEPENDENT、PIG、BRONSON、BRO STYLE、EMERICA など。

 

JUSTIN FIGUEROA ( ジャスティン・フィゲロア ) は、FIGGY ( フィギー ) のニックネームを持つ、BAKER SKATEBOARDS ( ベイカー スケートボード ) のプロスケーター。MADE CHAPTER 2 でのラストを飾る、ハンドレールを攻めまくるハードコアで激ヤバな男。
スポンサーは、BAKER、INDEPENDENT、OJ WHEELS、SHAKE JUNT、PSOCKADELIC、EMERICA など。

 

COLLIN PROVOST ( コリン・プロボスト ) は、TOYMACHINE SKATEBOARDS ( トイマシーン スケートボード ) のプロスケーター。ハンティントンビーチ出身の27歳。子供の頃から頭角を表し、ストリートからボウルまで、ジャンルを問わないマルチスケーター。特にアールセクションでのビッグトリックを得意としている。
スポンサーは、TOYMACHINE、INDEPENDENT、SPITFIRE、VOLCOM、HARD LUCK、HAPPY HOUR SHADES、EMERICA など。


 

EMERICA ( エメリカ ) の商品一覧はこちら↓ ↓ ↓

 

posted by Hidehiko

PICK UP

  1. ETNIES CHRIS JOSLIN シューズ
    1986年創業の老舗スケートシューズブランド ETNIES から CHRIS JOSLIN (ク…
  2. カリフォルニアストリート スケートレシピ 01 ベアリングクリーニング
    スケートボードのメンテナンスで一番手間がかかるのってベアリング洗浄ですよね。今回は初めての方…
  3. 徹底解析 こだわりのカリストベアリング
    こんにちは。皆さんは当店、カリフォルニアストリートにオリジナルのベアリング HIGH QUA…
  4. VANS TNT ADVANCE PROROTYPE
    TNT こと TONY TRUJILLO の新しいプロモデル、TNT ADVANCED PROT…
  5. こんにちは。 突然ですが、皆さんはどのブランドのウィールを使っていますか?ウィ…
  6. カリフォルニアストリート・オリジナルデッキ・simple シリーズ・DSM プレス・GENERATOR プレス
    こんにちは。みなさん、当店 カリフォルニアストリートにはオリジナルのスケートボードデ…
  7. 【スケートボード(スケボー)・コンプリートセットの選び方】プロ仕様で!とにかくこだわりたい編
    こんにちは。以前 ”なるべく安く組みたいけどデザインもこだわりたい編 ” という記事を書…
  8. トラックの重さ、一概に軽いものが一番良いとは言い切れませんが、やっぱり気になるトラックの軽さ。各…
  9. 【スケートボード(スケボー)・コンプリートセットの選び方】なるべく安く組みたいけどデザインもこだわりたい編
    こんにちは。当店ではよく「なるべく安く組みたいけど、デザインもこだわりたい!どうした…
  10. SHARK WHEEL, CALIFORNIA ROLL, TRANSPARENT
    「SHARK WHEEL って何?」というところからなのですが、まず気になるのが今までに…
PAGE TOP